『番外編』黒霧島に合う、柿の種を食べてみた!

  • 2022年2月20日
  • 2022年7月15日
  • 雑記
  • 2View
  • 0件
まろん
キャンプをこよなく愛する30代主婦、まろんです!普段は看護師として働きながら、休日は趣味のキャンプや釣り、SUPなどを楽しんでいます♪FIREして趣味であるキャンプを仕事にしたいと思い、キャンプ場経営を目指して頑張っています!
私たちはキャンプの楽しみの一つとして道の駅などで地元の食材などを買うのですが、そこで見つけてしまったんです!『黒霧島に、合う柿の種【味噌モツ鍋風味】』。しかも赤霧島、白霧島もあるではありませんか‼︎実は私たち夫婦は黒霧島が大好きで、ふるさと納税で霧島酒造さんの「赤・黒・白」1.8Lの一升瓶のセットを頼むほど。これはぜひ合わせて食べてみたい!と思い購入してみたので、今回は番外編としてレビューしていきたいと思います♪
スポンサーリンク

知らなかった!黒霧島に合う柿の種とは?

黒霧島好きとして恥ずかしながら、千葉の道の駅で見かけるまでこの柿の種の存在を知りませんでした。なぜ千葉の道の駅に…?でも黒霧島好きとしては見逃せません‼︎よくよくネットで調べてみると、霧島酒造と亀田製菓さんが共同開発した商品なんだとか。亀田製菓の柿の種は、酒飲みで知らない人はいない定番のおつまみ。それが霧島酒造とコラボしていたとは‼︎‼︎

2021年4月に発売されていて、価格は各350円となっていました。味は九州各地の料理の中から、霧島酒造の本格芋焼酎と味わいがマッチする料理を選んでいるとのこと。黒霧島は「味噌モツ鍋風味」、白霧島は「鶏からあげ風味」、赤霧島は「チキン南蛮風味」となっていてどの味も捨て難い…。結局選べずに全味を買うことにしました!

黒霧島に、合う【味噌モツ鍋風味】

黒霧島とお揃いのパッケージに思わずテンションが上がります!霧島酒造のロゴも入っていて、高級感がある見た目。

開けてみると小袋が4つ入っており、開けてみるとこんな感じ。通常の柿の種に比べてだいぶ少ない印象を受けます。

食べてみるとまず柿の種の香ばしい香りがして、次の味噌の香りが鼻をぬけます。モツ鍋のニンニクがガツンと効いていて少しピリ辛かな?でも辛い!というよりかは、子どもでも食べられる辛さ。割と濃いめの味付けで、少ない量でも満足感があるお味でした。黒霧島に合うかというと…。黒霧島は何にでも合うと思っているので、正直そりゃあ合うよねっと言った感じ。

スポンサーリンク

白霧島に合う、【鶏のからあげ風味】

次は白霧島です。ちゃんとお酒も白霧島に変えて、スタンバイOK!白霧島に合うのは鶏のからあげなんですね!

こちらは醤油ベースのさっぱりした味で、ふんわりニンニクの香り。でも味噌モツ鍋風味に比べるとニンニクは弱めです。全体的にすっきりとした味わいで、白霧島の上品な味に合わせているのだろうなあと納得。すっきりさっぱり味な分、あっという間に食べてしまいました。

赤霧島に合う、【チキン南蛮風味】

最後は赤霧島!この特徴的な味に合うのはいったい点どんな味なんだろう?と思っていると、なんとチキン南蛮風味でした!

食べてみると…  これ、私的にナンバーワンヒットでした!食べるとマヨネーズのまろやかな風味がして、柿の種の香ばしさと見事にマッチ‼︎チキン南蛮の甘酢の風味もしっかりするけど、しつこくないお味。赤霧島の特徴的な風味にも負けないようにちゃんと考えられている‼︎と、興奮気味にあっといまに平らげてしまいました。

まとめ

価格の割に量は少なく、また買うかと言ったら悩んでしまうところ。ノーマル柿の種の方が半分の価格でたくさん食べられますからね。それでもそれぞれのお酒の特徴に合わせて考えられているのだろうなあと考察しながら楽しく食べることができたので、今回買って良かったと思います。こうゆうコラボ商品はお酒好きとしては大歓迎ですね♪また面白そうなものがあれば報告していきます!

最新情報をチェックしよう!